スポンサーサイト

  • 2015.06.09 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    婦人科受診

    • 2015.06.08 Monday
    • 22:06

    皆さん、私と同じ経験してる人いません?

    乳がん手術後に放射線治療して、生理が来なくなっちゃった方〜?


    年齢的に生理不順になるお年頃ではあるんだけど、放射線治療後すぐのタイミングだったのでどうしてかなって思っちゃう。

    約1ヶ月の周期が2ヶ月になり、今年に入って2ヶ月経っても来なくなって・・・

    毎年の健康診断の時にオプションで子宮頸がんの検診を受けてるんだけど、昨年秋に受けたときに3ヶ月以上来なくなったら受診に来てねって婦人科の先生に言われていたから、予約を取って今日受診してきた。

    受診した婦人科は、私が通院してる乳腺科と同じクリニックにある。
    乳がん患ってるし、子宮がんのこともウォッチしておかねばならぬみたいっす。


    今日は問診と内診してもらって、念のため子宮体がんの検査もしておこうか〜ということになって検体取られたけど、思っていた以上に痛かった(>_<)
    マンモーが体の表を引きちぎられるような痛みだとしたら、子宮体がん検査は体の奥に突き刺さる感じ。
    痛みこれ以上はMAXやーーーと思った途端に終わったけどね。

    超音波で卵巣を見てもらったら、一応右側は卵子は見えてるからまだ女性ホルモンは分泌されてる模様。左は見当たらないって(T_T)
    2月上旬の最終月経後、複数回の不正出血&先週4日ほど続いた出血(私はこれが生理だと思ったんだけど)は、排卵によるものではなく、すなわち生理ではなくて不正出血という判断みたい。けど、出血することで内膜は薄くなってるから大丈夫とのことだった。

    今後は3ヶ月を目安として、または頻繁に不正出血があるようなら受診するようにと言われた。
    内膜が厚くなると、子宮がんのリスクが高くなるらしい。

    後、乳がんのホルモン療法はまだ完全に閉経してないので、やめておいた方が賢明だろうと婦人科の先生は言わはった。
    そうそう、最初に書いた放射線治療の影響については可能性は低いって。やはりそうか・・・



    乳腺科の先生は乳がんリスクを下げるためにホルモン療法を勧めるけど、婦人科の先生は子宮がん発生のリスクを下げるためにホルモン療法は勧めはらへん。

    難しいね・・・


    < 追記 >

    帰宅後、トイレに入ってどビックリ\(◎o◎)/!!!! 出血してパンティどころかパンツまで真っ赤なシミが!!(幸いパンツの外側まではセーフ(^-^;)
    子宮体がん検査の時は、生理用ナプキン持参必須です!
    つーか、急に検査することになったんだもん、用意するも何も・・・
    婦人科受診の際は、ナプキン持参しましょう。



       にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    にほんブログ村

     

    術後1年検診の話

    • 2015.06.04 Thursday
    • 22:27

    もうだいぶ前になってしまったけど、1年検診の話。
    今年の1月26日、術後1年検診のためクリニックへ行った。


    去年までは3ヶ月に1度経過観察のために受診してたけど、K先生はざっと胸を見るだけ。
    3ヶ月前の10月の時に、

    K先生 「次は1年目やから検査や」

    私   「エコー検査と、(おそるおそる・・)マンモーもですか?」

    K先生 「マンモーはせえへん」(・・とカルテに書いてる模様)

    私   「良かった〜!だってあれ痛いもん(安堵)」
     
    K先生苦笑いしてた。



    ところがである。

    呼ばれて診察室に入ると、

    K先生 「今日は検査やな、マンモーとエコーや」

    と言うではないか!?


    えーーーーーーーーーーーーーーー!?\(◎o◎)/! 心の準備できてへん、できてへん!!


    私(もうヤケクソ)「前回、先生マンモーはしないって言うてた!!」(ごねる、ごねる)

    K先生 「そうやったか?(・・とカルテを見る)ほんまや、書いてあるわ(ごにょごにょ・・)」

    私(心の中でよっしゃ!)「でしょ?でしょ?」

    K先生「しゃあないな〜 約束やもんな〜 けど来年はやるで」

    この来年はやるでって2、3回念を押すように繰り返しはった(苦笑)

    この件に関しては、絶対真似しないでね。私がアホなんで。
    本当ならマンモー検査もやった方が良いのだ。だけど冬で寒いせいか乳は触ると痛い(>_<)
    この状態で挟まれるのは相当の覚悟が出来てないと無理!!
    3か月前の時にやるって言われてたら、気合を入れて検診に臨んでいたと思うし・・・

    エコー検査の結果はとりあえず異常なし。

    同じ時期に1年検診したお姉さま達に呆れられたのは言うまでもない・・・



       にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    にほんブログ村

     

    セカンドオピニオンの重要性

    • 2015.06.03 Wednesday
    • 22:05

    今年のGWに帰省した時に少し足を伸ばして友人に会いに出かけて行った。

    元は関西に住んでいたんだけど、3年前に故郷へお引越しされて会うのは久しぶりだった。
    彼女は現在も乳がんの治療中である。

    今回は私も乳がん患者の仲間入りとなっているので、そんな話に自然となった。
    告知を受け、抗がん剤治療後全摘手術をして今8年目になるそうだ。
    現在の治療は2週間抗がん剤の経口薬を飲み、2週間お休み。これがワンクール。
    毎月そのクールを繰り返しているそうで、薬を飲んでいる間は食欲がなくなるそうだ。

    彼女の乳がんはステージ検々転移もあったらしい。

    どうしてそんなになるまで放っておいたの?検診は受けてなかったの?
    勇気を出して聞いてみた。

    そうしたら、彼女は自分でしこりを見つけて病院へは行ったのだとか。
    ところが、しこりがあった場所が鎖骨の下あたりで、そこには乳腺はないと医者に言われたらしい。
    そのまま何もせず5年間放置してしまったそうなのだ。

    今思えば最初の医者がヤブ医者やったと言うしかないが、もし別の病院でセカンドオピニオンを受けていたら・・・

    今やセカンドオピニオンという言葉は普通に出回ってるけど、彼女が一番最初に病院を受診した頃、10年以上前はどうだっただろうか?


    乳がんの話ではないのだけれどこの話を聞いて思い出すのは、、、

    私の母は、私が小学校1年生の時に結核を患い、8ヶ月療養所に入院した。
    ちょうど私が入学するタイミングで引越しをし、慣れない土地で風邪を引き、近所の医者に掛かっていた。
    その医者に「春先の風邪はこんな感じ。治りにくいんだよ」と言われたらしい。
    ところが薬を飲んでもいつまで経っても治らない。1ヶ月以上経った頃に高熱が出るようになった母は知人に教えてもらった病院で検査してもらった所、即入院となった。私が7歳、弟はまだ3歳だった。

    ヤブ医者というのは本当にやっかいだ、腹立たしい。

    治療の選択の話は既にしたが、医者や病院の選択もやはり納得のいくまでやったほうが良いのである。

    現在はセカンドオピニオンを受け付けてくれる病院がちゃんとある。
    最初にかかった医者に遠慮することなどしなくても良いのだ。 


      にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    にほんブログ村

     

    ルームメイトの再発!?

    • 2015.06.02 Tuesday
    • 23:20

    以前に「治療しない選択」(2014.2.16)という記事を書いた。

    私の入院中、ルームメイトやったお姉さまの話だ。
    彼女はいわゆるトリネガ(トリプルネガティブ ER、PgR、HER2全て陰性)やった。

    手術は私と同じ温存で部分切除。
    彼女の場合は再発率が2〜3割と言われていたので、抗がん剤治療をした方が良いと
    主治医から言われていた。

    けれど、彼女は彼女の意思で治療をしない選択をした。
    健康上やむを得ない事情があったからである。

    ところが、半年も経たないうちに彼女の温存した箇所にガンが見つかった。再発である。
    そのガン組織の増殖率の速さに私はショックを受けた。

    すぐに抗がん剤治療開始、その後全摘手術、術後も抗がん剤治療、今年の3月に治療は一段落した。
    彼女自身納得して治療をしない選択をしたはず。(少なくとも私にはそう見えた)

    ところが、、、

    「こんなに早く再発するんやったら、何でもっと強く(抗がん剤を)勧めてくれへんかったんやろ・・」

    彼女から出た言葉やった。

    治療の選択って本当に難しい・・・先の事なんて誰にもわからないからだ。
    主治医のK先生かて恐らくはこんなに早く再発するとは思っていなかったに違いないのだ。

    改めて乳がんの恐ろしさを思い知った。

    自分の心の中にわずか1ミクロンでも迷いがあった場合は治療はした方が良いと私は思う。
    賛否両論があるかと思うけど、やってしまった後の後悔よりもやらなかった時の後悔の方が
    やはり大きいんじゃないかな?って思うの。

    ・・と書いてる私、つい先日ホルモン治療をしない選択をしたと書いたばかり。

    再発した時はその時。誰を責めることもできないっすよ。自己責任なんで・・・



       にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    にほんブログ村

     

    術後1年と半年、違和感を感じること

    • 2015.06.01 Monday
    • 22:08

    左胸の部分切除手術をしたのが2014年1月。

    あれから約1年半年たった今でも違和感を感じるのは、肌の感覚である。
    汗腺や皮脂腺が破壊されてる話は書いたけど、感覚がマヒしている箇所があちこちある。
    腋を起点にして四方八方へ拡がっている。

    例を挙げると、背中側の肩の付け根の一帯だ。うまく伝わるかな?

    背中とか痒いときあるよね?
    孫の手などでカキカキすると、スッキリ!!
    それが肩甲骨の上あたりになると途端に掻いても違和感を感じてしまう。
    まるで皮膚がゴムになってしまったような感覚に陥いる。
    腋の部分を大きくくり貫いているのでその辺から神経が切れてしまってるんだろう。

    なら、何故に痒いという感覚を覚えるのか???
    いつも本当に不思議だ。

    それから肩に近い二の腕。
    つねっても痛くないよ。

    その他にも色々。まぁちょっと公の場では書けないけど・・・

    命があるだけいいじゃない・・・と言われてしまいそうだが、これも備忘録として残しておきたいと思う。


    < 追記 >
    ふと昨年の術後の記事を読み直してみた。
    腋のシビレについて随分気にしていて主治医のK先生にも何度も相談していた模様。
    時間が経てばマシになると言われていたようだが、今日書いた違和感、結局腋のシビレの後遺症でない?





       にほんブログ村 病気ブログ 乳がんへ
    にほんブログ村

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM